体験ダイビングの世界

体験ダイビングの世界

ストレスフリーのダイビング重器材

スキューバダイビングをするためには道具が必要です。道具には大きく分け三点セットと呼ばれる軽器材とBCジャケットやレギュレーターと呼ばれる重器材があります。ダイビングは懐中で楽しむレジャーです。圧縮空気が詰まったタンクを背負い、タンク内の空気を頼りに楽しむレジャーです。水中でストレスなくダイビングを楽しむには、器材はレンタルで借りることもできますが、自分に合った道具が最適です。
レギュレーターはタンク内の空気を口元に運ぶ道具ですが、運ばれた空気が少なければ、常に吸い続けなければいけないため、軽く吸うだけで豊富な空気が口元に運ばれることが大切です。BCジャケットは、タンクをホールドし海中での中性浮力や海面での浮力を維持するジャケットです。海中での姿勢は動きやすさに影響します。中性浮力が取りやすい姿勢を維持できるBCジャケットが最適です。自分の道具を持っていると、使い慣れているため、海中のストレスを最小限に抑えダイビングを楽しむ事ができます。道具のメインテナンスは最低年に一回は必要です。

手軽に変えるダイビング軽器材

ダイビングの道具の中で、三点セットと呼ばれる軽器材は簡単に購入できます。マスク、シュノーケル、フィンの三つです。三点セットに加え、グローブを自分で用意する人が数多くいます。これらの道具を使えば、ダイビング以外にシュノーケリングを楽しむことができるからです。軽くフィン以外はスペースを取らないのも揃えやすい理由になっています。
軽計器材を用意する上で注意することは、それぞれの道具にあります。視力が悪い人にとってマスクは大切です。海中での視認性に大きく影響を与えるためです。マスクのレンズは視力に合わせ交換することができます。流体力学を活かした軽いフィンが多くのダイバーに使用されています。小さな脚力で大きな推進力が得られるフィンです。シュノーケルはマウスピース部分がポイントです。くわえた時の密着度が海水の侵入を防ぐからです。浮上時に一気にシュノーケル内の海水がクリアする必要もあります。
カラフルでオシャレな動議も多く、機能性とデザインの二点を考慮し選びたい器材です。

pickup

Last update:2017/2/24